ヨロブン アンニョンハセヨ〜♪

 

 

韓国6人組グループVIXXのメインボーカルLEOとラッパーRAVIによるユニットVIXX LRが、

1月25日(木)にZepp Tokyo、1月27日(土)、28日(日)に

堂島リバーフォーラムにて

VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE] TOUR in Japanを開催した。

 

[ECLIPSE] TOURは、幻想的なオープニングから、

華々しいユニットデビューを飾るきっかけとなった曲

「Beautiful Liar」で幕を開けた。

オープニング映像で太陽と月が重なるように、ステージ上で

LEOとRAVIの二人が出会い向かい合った瞬間、

客席から大きな歓声が上がった。続く「Remember」では、

LEOの透明感溢れるボーカルとRAVIの低音ラッブの重なりが美しく、

序盤の2曲で早くも観客の心を捉えて離さない。

 

(C)Jellyfish Entertainment Japan
カメラマンクレジット:田中聖太郎

 

「会えて嬉しいです!お元気でしたか?」と久しぶりに会う日本のファン達に挨拶した後、

LEO「僕たちだけでなく皆さんにとっても

特別な公演になるようにたくさん悩んで、準備しました。」

RAVI「ツアータイトルの通り、全く違うものが出会ってまた新たな幻想を作り出すように、

それぞれの色を残しながらLRだけの色を詰め込んだ公演と言えると思います」

と今回のツアーへの思いをそれぞれ語った。

 

「言葉よりもステージをお見せした方が良いですよね?」というRAVIの言葉から、

VIXX LRバージョンに編曲されたVIXXの楽曲「Error」「Chained Up」を2曲続けて披露。

二人のシックな佇まいとマッチした、

原曲とは全く雰囲気が異なるアコースティックアレンジで、

二人のパートがより際立つグッと大人っぽいステージ。

グループでの力強いステージとはまた違う魅力を堪能することができる。

大人っぽい雰囲気をそのままに、

美しいダンスが映える「Beautiful Night」へと続く。

 

RAVIのMCを挟み、ステージはRAVIのソロステージへ。

RAVIは先日韓国で公開されたばかりのMIXTAPEから

「BOILING POINT」と「NIRVANA」を日本初披露し、

圧倒的なオーラとラップで観客を圧巻。

いち早く新曲をコンサートで体感することができたファンからは

喜びの歓声が沸きあがった。

 

(C)Jellyfish Entertainment Japan
カメラマンクレジット:田中聖太郎

 

続くLEOは、自身が主演したミュージカル「マタ・ハリ」より、

「From Way Up There」を披露。伸びやかな歌声と

ミュージカルで磨き上げた細やかな表現力が光り、

ここがライブ会場であることを忘れる程の壮大なスケール感に

客席からは感嘆の声と拍手が巻き起こった。

 

場面はガラリと変わり、VIXX LRの多彩な音楽性を楽しめるパートがスタート。

軽やかなテンポと爽やかなボーカルが印象的な「Feeling」、

そして、「次は新しいプレゼントをあげる時間です!STARLIGHTのための曲です。」

というMCから始まった1曲は、

1月24日に発売された日本初アルバム『Complete LR』に

限定収録された未公開曲「Poison」。

そしてLEOのオリジナル楽曲「難しいこと」をRAVIと共に歌い上げた。

 

コンサート中盤、ここからは更に深くLEOとRAVIそれぞれの個性にフォーカスしていく。

 

まずはLEOが、ソロオリジナル楽曲「それだけ」、

そして、日本公演のスペシャルステージとして安室奈美恵「Love Story」のカバー、

「Thanks for...」の3曲を歌い上げ、観客はLEOの描く美しい世界に酔いしれた。

甘く繊細なボーカルとセクシーさで魅了するLEOのステージが、

しっとりとした“静”の魅力であれば、続くRAVIはまさに情熱の“動”のステージ。

 

RAVIは、1st MINI ALBUM『R.EAL1ZE』から「BOMB」、

「Do the Dance」の人気楽曲2曲で観客を魅了する。

爆発的な熱を放つRAVIのパフォーマンスは、会場の空気を瞬く間に新しい色に塗り替え、

会場全体を熱く盛り上げ、「Do the Dance」では会場の熱気は最高潮に達した。

 

映像を挟み、こちらも日本初披露となる「Whisper –Japanese ver.-」、

そしてセクシーな魅力満載の「Chocolatier」で高級感溢れるステージから、

コンサートは終盤へ差し掛かる。

RAVI「いつもこの時間になると寂しいです。」

LEO「2018年はもっと一生懸命かっこいい音楽とステージを作って、

皆さんにたくさん会いに来ます。」と次へと繋がる約束を交わすと、

次への約束と明日への未来を託すように最後の曲「Today」を力強く歌唱。

会場中がハッピーな雰囲気に包まれたまま本編が終了した。

 

ファンからの大声援に答えてアンコールは、

「デ・ダ・ナ・ダ・ノ」「ダイナマイト」そして

「Today」の3曲をカジュアルな雰囲気でパフォーマンス。

ファンとの時間を最後まで全身で楽しみながら

1st CONCERT TOUR [eclipse] in Japanは幕を閉じた。

 

(C)Jellyfish Entertainment Japan
カメラマンクレジット:田中聖太郎

 

 

[ECLIPSE]という公演タイトル通り、そして冒頭のRAVIのMCの言葉通り、

LEOとRAVIという全く異なる強烈な個性がステージ上で重なり合うことで、

全く新しい魅力を放ち、観客はその新たなVIXX LRならではの魅力を

全身で体感できるコンサートツアーとなった。

そしてステージの上には、グループの活動、

そしてそれぞれのソロ活動を通して着実にステップアップした

LEO、RAVIの姿があった。

LEO、そしてRAVIのそれぞれの今後の活動はもちろんのこと、

グループとしても更に大きな力を手に入れたVIXXの今後の活動からも目が離せない。

 

(C)Jellyfish Entertainment Japan
カメラマンクレジット:田中聖太郎

 

 

〜〜〜SET LIST〜〜〜

 

VIXX LR 1st CONCERT [ECLIPSE]TOUR in Japan

2018年1月25日(木) Zepp Tokyo

2018年1月27日(土)、28日(日) 堂島リバーフォーラム

 

 

M1. Beautiful Liar

M2. Remember

M3. Error / VIXX

M4. Chained Up / VIXX

M5. Beautiful Night

M6. [RAVI solo] BOILING POINT

M7. [RAVI solo] NIRVANA

M8. [LEO solo] From Way Up There (ミュージック「マタ・ハリ」より)

M9. Feeling

M10. Poison

M11. [LEO solo] 難しいこと

M12. [LEO solo] それだけ

M13. [LEO solo] Love Story / 安室奈美恵

M14. [LEO solo] Thanks for...

M15. [RAVI solo] BOMB

M16. [RAVI solo] Do the Dance

M17. Whisper -Japanese ver.-

M18. Chocolatier

M19. Today

[ENCORE]

M20. デ・ダ・ナ・ダ・ノ / VIXX

M21. ダイナマイト / VIXX

M22. Today

コメント
コメントする